Nu Garcon – “So Sure”

0800-MOSHI-MOSHI からリリースされた Nu Garcon の新曲 “So Sure” に合わせて、Siam CoyとJesse Crankstonが監督したノスタルジックなビデオが公開されています。デプトフォード・マーケットの喧騒の中で撮影されたこのビデオは、Tonyの愛犬Lingの目を通して、不完全さや草の青さといったテーマを扱っています。

映像作家の Siam Coyは、「このビデオは、隔離中に読んだフランツ・カフカの『ある犬の調査』へのオマージュです。犬の視点でビデオを撮影することで、カフカのどこか虚無的な物語を、グランジなノスタルジーを原動力に、楽しく陽気に探求したいと思いました。」

カフカの物語に登場する犬の語り手のように、彼は自分の住む混乱した世界の意味を理解しようと苦闘しながらも、声を見つけて鋭い(そして不条理な)質問を投げかけます。”So Sure” は、確実性と自己認識に到達しようとしながらも、それを達成できないことを意味しています。

“So Sure” は、Nu GarconのデビューEP ‘Only One You‘ に収録されています。バンドのメンバーである Tony Onuchukwu(トニー・オヌチャックウ)と Bruno Burton(ブルーノ・バートン)は、カンタベリーの学校で出会い、それ以来、プラハとロンドンにそれぞれ住むことになっても、お互いの作品を賞賛し合ってきました。Oneohtrix Point Neverのようなノスタルジーとヒプナゴジックなポッププロダクション、DIYカルトキャラクター R Stevie Mooreのようなローファイなクラックルとヒス、そして Madlibの研ぎ澄まされたビートメイキングの間を日常的にやり取りしながら、洗練された、明るい、しかし洗練されすぎていないトラックのセットを生み出しました。