Noun – “In The Shade”

83 views

先日、秋のツアー日程が発表された Screaming Femalesですが、フロントウーマンの Marissa Paternoster(マリッサ・パテルノスター)の活動はそれだけではありません。彼女は、自身のプロジェクト Nounの新しいEP ‘In The Shade’ を、State Champion Recordsから今夏リリースすることを発表しました。アズベリー・パークのレイクハウス・スタジオでエリック・ベネットと共にプロデュースを行い、アンジー・ボイラン(スリーター・キニー、フリージング・コールド、アイナコなど)がドラムを、シャナ・ポリー(スネークスキン)が歌を担当しています。

また、マリッサはファーストシングルのタイトル曲を公開しており、Dawn Riddle(ドーン・リドル)が監督したビデオクリップも見ることができます。ドーンは、「マリッサから、このビデオを作るように頼まれましたが、”好きなようにやってください” とだけ言われました。そして、私たちの多くがそうであるように、私が見たいのは、等身大のバート・シンプソンが平凡な生活を送っている姿です。バードボーイのエネルギーに満ちたバートは、スプリングフィールドの郊外に閉じ込められています。彼はアクションの真っ只中にいたい、より大きな、より良いカーブを研磨したい、自分のパンツを世界に向けて発信したいと思っている。しかし、残念ながら、彼はまだ子供です。このビデオは、彼の1日を追ったもので、孤独な倦怠感から、希望に満ちたキックダンス、そして外面と内面の両方の反省に至るまでを描いています。このビデオを見ていると、私たちは皆、人生のどこかでバートになったことがあることに気づく。そして、いずれは再びバートになることを理解する。灰には灰を。埃には埃を。バートにはバートを。アーメン」