NoSo – “Suburbia”

46 views

LAを拠点に活動するアーティストであり、ギターの名手でもある NoSoは、Partisan Recordsからの初のシングル “Suburbia” を発表しました。

NoSoは、Blood Orange, Ben Howard, Springsteeの「Born In The U.S.A.」、90年代のK-POPなどを参考にしながらも、独自のメッセージを発信しています。彼女の最小限のバックカタログには、アイデンティティの感覚を求める波乱に満ちた取り組みと、若い成人期の罠を乗り越える試みが描かれており、彼女の音楽は無限の可能性に満ちています。

シカゴ郊外で育ったNoSo(本名 Abby Hwong)は、一面的な環境の狭さに悩んでいました。「白人が多く、異性愛者が多い環境だったので、私はとても変な子供でした」と語っています。「心の底から適合したいと思っていたにもかかわらず、親指のように目立っていました」

「中学から高校にかけて、アジア人であることや同性愛者であることをからかわれました。”レズビアン” と中傷的に呼ばれたり、女の子に冗談で誘われたりと、ひどいものでした」

NoSoは幼少期から音楽に親しみ、ギターに興味を持っていましたが、歌うのは恥ずかしいと感じていたと言います。「中学校の時、友達と一緒に作った偽のミュージカルのために、冗談の歌を作っていましたが、私は自信がなくて、個人的で傷つきやすい視点から書くことができませんでした」と語っています。

エンタテインメント業界における代表性の欠如を認識していた彼女は、次のように続けます。「子供の頃、音楽やテレビで自分と同じような外見の人をあまり見かけることがなく、がっかりしました。私が経験したことは、あまりにも不快でニッチなものだったのではないかと心配しました」

その後、南カリフォルニア大学の音楽学部(King Princess、Remi Wolf、MUNAと同じプログラム)を卒業した Hwongは、これからリリースする作品の基礎を築き始めました。「私は大学時代、音楽制作を学ぶことに奇妙な恐怖を感じていました。大学4年生になってからLogicをいじり始めて、”Suburbia”(私が初めてプロデュースした曲)の楽器をすべて録音することになりました」と彼女は振り返ります。「やっと自分の音を見つけたような気がしました」

“Suburbia” は、NoSoにとって初のレーベル作品として、Partisan Recordsからリリースされます。レーベルメイトのLaura MarlingやIDLESのように、彼女は無愛想で陽気なギターをバックにしたサウンドを好んでいますが、自分の声で他とは一線を画しています。”Suburbia” は、カリフォルニアのドリーム・ポップとフォーク・トルバドゥールの要素を併せ持ち、若さゆえの無秩序さ、見せかけの無邪気さを理解しようとする、あるいは少なくとも受け入れようとする、魅力的なソングライターの成熟を示しています。

「何を書けばいいのかわからないまま、長い間楽器を持っていました。ある夜、シカゴの友人たちから酔っ払った勢いでFaceTimeが送られてきて、久しぶりに自分の人生のあの部分に戻りたいと強く思ったんです」とコメントしています。

「この曲は、その郊外の町の不条理(母親が10代の若者について噂すること)と、幼稚園以来の友人と薬局の外で金色のオレオを食べるような、自分の子供時代として登録されていない単純で素敵な瞬間を描いています。”Suburbia” は、最終的には過去をありのままに受け入れて前に進むことをテーマにしていますが、これは私がいつも悩んでいることです」

レーベルからの初リリースとなる NoSoは、来年発売予定のデビューアルバムに向けた最初のインサイトとして、詩的な考察を行いながら、ぼんやりとした広々とした雰囲気を実現しています。「私が子供の頃に必要としていたようなアーティストになりたいと思っています。他の人にも、自分のストーリーが音楽を通して表現されていると感じてもらえたら嬉しいです」と彼女は語っています。

静かな郊外で
豊かな子供たちとブティックドラッグ
あなたがいなくて寂しいのは当たり前
私なしでどうやって生きていくのか

私の欠点をすべて抱え込んで
私はあなたの名前を呼んでいた
これとは別に
あなたはそれについて良いことをしたいと言った

ママはパワーウォークとゴシップをする
ティーンエイジャーについて
バット・ミツバーのこと

薬局の外に座って
金色のオレオを食べる
私がいなくても同じように

私の欠点をすべて抱え込んで
あなたの名前を呼び続けてきました
これとは別に
あなたのためになりたいって

私の欠点をすべて抱え込んで
私はあなたの名前を呼んでいた
これとは別に
あなたがそれでいいと言った