Nation of Language – “The Grey Commute”

68 views

Nation of Language(ネーション・オブ・ランゲージ)は、シングルとビデオ “The Grey Commute” をリリースしました。Nation of Languageは、Ian Devaney、Aidan Noell、Michael Sue-Poiの3人からなるブルックリンのトリオです。このニュースと同時に、彼らはPIAS と世界的な契約を結び、アルバム ‘A Way Forward‘ をリリースすることを発表しました。このアルバムの制作には、Introduction, Presenceを手がけたAbe SeiferthとHoly GhostのNick Milhiserが参加しています。

“The Grey Commute” について、ソングライター/ボーカリストのイアン・デバニーは次のように語っています。「”The Grey Commute” は、ある意味ではアルバムの中で最も明るい曲の一つですが、実はもっと憂鬱なことから生まれた曲なんです。歌詞を書いているうちに、私はひどい税制や、意味のない消費への文化的な依存に固執するようになり、それがこのパンチの効いた、ちょっと楽しい曲にまとめられました。

時代背景を説明すると、現在私たちが暮らしている共和党の税制プランがちょうど可決されたところで、それがいかに心を奪われるような愚かなものであるかが明らかになりました。超富裕層や企業への大幅な減税は、衝撃的であると同時に全く衝撃的ではなく、私たちの時代を特徴づけている不平等や不安定さの悪化につながらないと考える人がいることを理解するのは困難でした。しかし、これが現実です。バックビートやメロディーがない状態では、私が感じたことがすべて明確に表現されていますが、最後のカットでは、この暴言がトロイの木馬のような役割を果たし、うまく感情を伝えることができるように、少しだけおめかししています。

ビデオのあからさまな不条理さも、主題の不条理さを引き立てるために同様の役割を果たしています。彼は、自身の音楽プロジェクト(Dark Tea)で素晴らしいビデオを制作しています。私たちは去年から彼の作品に夢中になっていましたが、エイダンは彼の曲 “Buying A Gun” のビデオに出演することになったのです。彼は、私たちがビデオを制作するときには見られなかったユーモアを使うことができ、この曲はそのエネルギーを取り入れるのに最適な曲だと思いました」