Naima Bock – “Kaley”

イギリスのシンガー・ソングライター、Naima Bock(ナイマ・ボック)が、2022年の素晴らしいソロ・デビュー作に続くセカンド・アルバム『Below a Massive Dark Land』をSub Popより9月27日にリリース。

『Below a Massive Dark Land』は、プロデューサーのJack Osborne(Bingo Fury)とJoe Jonesと共に制作され、ロンドン北部のThe Cryptでレコーディング。デビュー作『Giant Palm』でJoel Burton(ジョエル・バートン)と緊密に仕事をした後、ボックはセカンド・アルバムはちょっとした学習過程だったと語っています。「ジョエルと一緒に仕事をするのをやめてから、自分でアレンジをするのは不可能に思えたけど、ヴァイオリンを習い始めたの。演奏するのは簡単じゃないけど、メロディーを書くのは簡単。何かに誇りを持てるようになるために必要だったんだと思います。これが自分だ、みたいな!いい気分よ」

今回彼女が披露した2曲は、ソウルフルで生意気な “Kaley” と余裕のあるフォーキーな “Further Away”。「”Kaley” はツーソンの友人の家に滞在中に書いた曲。裏切りと、それに続く方向性の欠如について。当時は、他の誰のためでもなく、私自身のための “計画” も “道” もありませんでした」。”Further Away” については、ギリシャで「ミニ・ブズーキを学ぼうとしていて、誰かを失っている間に」書いたものだと彼女は言っています。

ナイマが一人何役も演じている “Kaley” のビデオと “Further Away” のビジュアライザーをご覧ください。

Posted on 06/24/2024