Molly Nilsson – “Pompeii”

90 views

Molly Nilssonが、10枚目のスタジオアルバム ‘Extreme‘ を Dark Skies Association/Night Schoolからリリースします。このプロジェクトは、10月に発表された “Absolute Power” は、80年代のボクシング映画のモンタージュを切り取ったような、熱狂的で高揚感のあるロック・ソングですが、本日、最新シングル “Pompeii “を発表しました。

この新曲は、”Absolute Power” のような突飛で骨太なサウンドではありませんが、同じようにカタルシスを与えてくれます。フォーオンザフロアときらびやかなレイヴ・シンセが、ニルソンの臆面もない愛の宣言を、欠点も含めて、ダンスフロア向けの誠実さの勝利としています。この曲のミュージックビデオでは、誰もいない駐車場で踊るニルソンがひとりぼっちで登場します。

死んだ町。
すでに空っぽだったが、今はロックされている
でも君と僕はまだ走り回れる
拾ったばかりのリングに乗ろう

孤独な夜をどう過ごすの?
たった一度の人生をどう過ごすの?
あなたに抱かれていると
その場所をどれだけ愛しているか言葉にできない

永遠にこのままでいられたら
ポンペイのように

あの運命の太陽が沈んでいくように
私たちが溺れる前の災害のように
ポンペイのあの夜、彼らはこんな風に感じていたのだろうか?

説明できないほどの深い思い
愛のためでなければすべてが無駄になってしまう
ポンペイのあの夜、彼らはこのように感じたのだろうか?

あなたが最後に私を自由にすると言ったとき
あなたが必要とするものを与えられないことはわかっています

ずっとあの夕日を追いかけてきたのに
時間内にたどり着けないのはわかっている
でも時にはやってみないと…
あなたを愛していると言いたいけど、息が止まってしまう。
どんなに愛していても、死ぬほど愛しているから

信じられないことに、さよならを言ったときは
来世のためにお金を貯めていたのに
あの夜、愛してると言ったばかりなのに
でも今は未来の奥さんのために愛を貯めているなんて

(さあ、bello!)

ポンペイ
愛が死ぬ直前の目の中の愛のように
ポンペイ
私はサインを信じている、あなたは私のサインを読んでいる?
ポンペイ
それは私が気付いたとき、私たちは不滅です

ポンペイ