Media Jeweler – “Tightrope”

51 views

オレンジ・カウンティ出身のアバンギャルド・ロックバンド Media Jeweler が、サード・アルバムを携えて戻ってくる。タイトルは ‘The Sublime Sculpture of Being Alive‘ で、2ndアルバム ‘1-800-SUCCEED’ から3年。このアルバムは、主にインストゥルメンタルで構成された前作とは異なり、シンガー・ギタリストの Sam Farzin(サム・ファージン)が「生きていることの狂おしい経験」と呼ぶものを、言葉にしています。

しかし、バンドの ‘The Sublime Sculpture of Being Alive’ に関する高度にコンセプチュアルな説明は、エディ・ラモスが監督し、ジョニー・ヒガが人生を飛び跳ねるように演じている “Tightrope” のビデオを見る前には何の準備もしていません。このビデオでは、Eddie Ramosが監督を務め、Jonny Higaが人生を駆け抜けていきます。

「この曲は、バンドの練習開始時間の連絡ミスで、ジャック(ギタリストのアランダ)と私がリズムセクションの1時間前に到着したときに生まれました」とファージンは、この変化する曲について語ります。「その日のうちに家で主な進行を考えていたので、それを演奏し始めました。その日のうちに家で大まかな進行を考えていて、それを演奏してみたら、すぐにバラバラのツイン・メロディーになってしまって、録音されたモチーフも最初のスケッチとあまり変わらないものになりました」。歌詞は、カルヴィーノのプロットにふさわしい、アトウォーター・ヴィレッジでの短くも不気味な停電の直後に書かれました」

“Tightrope” では、ゲストボーカルの Paul Frunziと Allyson Fosterがコール&レスポンスをしています。Frunzi(Ever Ending Kicks)と Fosterは、サックス奏者の Patrick Shiroishi、Jo Hirabayashi (Jo Passed)、Colin Knight、Sam Sarty (Living Hour)、Megan Siebe (Cursive)、Roy Werner (G.S. Sultan)、Stephen Heath and Miles Wintner (L.A. Takedown)らとともに、このアルバムにゲストとして参加しています。彼らはFarzin、Aranda、ベーシストのThom Lucero、ドラマーのBryson Mounts、そして新メンバーのGraham Ulicny(The Faint)と共に、Uricnyがエンジニアリングを担当したアルバムに参加しています。