Marissa Nadler – “Couldn’t Have Done the Killing”

Marissa Nadler(マリッサ・ナドラー)は、アルバム ‘The Path of the Clouds‘ からの第3弾シングル “Couldn’t Have Done The Killing” をリリースしました。”Couldn’t Have Done The Killing “は、タイラー・デリーベリーとクリステン・デュートが監督を務め、「未解決の謎」や「In Search of….」へのオマージュを込めたビデオと組み合わされています。

デリーベリーとデュートは、「マリッサがニューアルバムに収録されている曲のビデオ制作を依頼してきたとき、私たちはすでにアルバムのテーマや彼女のインスピレーションを知っていました。彼女がパンデミックの間、家に閉じこもってアルバムの作曲とレコーディングをしている間も、私たちは連絡を取り合い、実話や超常現象をメディアで取り上げていました」

殺すことはできなかった、ただ崩れただけだった
あなたの悪役として私を描く
新たなスタートが必要なら
しばしば夢の中で、早朝に。

あなたが現れて、嵐を招き入れているように見える

あなたの武器をドアに置いて
あなたの武器をドアに置いて
あなたには必要ないから 必要ないから
俺はもうお前の殺し屋じゃないから
俺はもうお前の殺し屋じゃない…。

計画された、まだ逃亡中の
ただ歩いて行くだけ。
失うものは何もなかった

僕は君の共犯者であり、君の第二の目だった

こんなことはしたくなかった。
悪いことと正しいことの区別がつかない

武器はドアに置いていけ

あなたの武器をドアに置いてください
あなたには必要ない、あなたには必要ない

僕はもう君の殺し屋じゃないから

私はもうあなたの殺人者ではない
私はあなたの殺人者ではありません
私はもうあなたの殺人者ではない