Mae Powell – “Yellow Flower”

メイ・パウエルのデビューアルバム ‘Both Ways Brighter‘ のタイトルは、春に向かって日が長くなっていくことについて友人と話しているときに思いついたものです。彼らは、太陽が昇るのが早くなり、沈むのが遅くなり、日中の時間が両方とも長くなるのかどうかを考えていました。

Park The Vanからリリースされた ‘Both Ways Brighter’ は、遊び心のある楽器のレイヤーや、寒くて敵対的な環境下でも世話をすることや仲間意識を表現した歌詞など、活気に満ちた共同作業の精神を表しています。このアルバムをレコーディングすることで、パウエルは自分のバンドの他のメンバーと深くコラボレーションする機会を得ました。彼女は、COVID-19のロックダウンが彼女とバンドメンバーを相対的に孤立させる前の2018年にこのレコードの制作を開始し、2年半後にプロデューサーのジェイソン・キックとともに完成させました。淡々としたペースで行われたレコーディングでは、パウエルと彼女の共同作業者たちは、曲が最も輝くバージョンになるまで、何層にも分けて曲を生かすことができました。

「このアルバムをより良いものにできたのは、最初に想像していたものとは違うことに挑戦する姿勢があったからです」とパウエルは言う。「今では、私が一緒に仕事をした人たちのミックスのように聞こえます。彼らのアイデアが入っていることを光栄に思います。」

Alec Goldbergが監督した “Yellow Flower” のビデオクリップが公開されました。