Mae Powell – “Scratch n Sniff”

79 views

「この曲を作ったのは、私がノースカロライナ州の父のところにいて、パートナーは国を越えてベイエリアの自宅にいたときでした。私はその人を深く愛してしまい、その人のことだけを考えていたのですが、他の人と一緒に今の瞬間を過ごすことはできず、基本的に目がハートになっていました。この曲は、あなたが本当に隣にいて、果物を食べさせて、手をつなぎたいと思っている人から遠く離れていることを歌っています。私たちは2週間ほどしか離れていませんでしたが、手紙をやり取りしていました。その中で、パートナーは実際に自分の髪の毛の束と、自分の唾液や血がついた紙、そして「私の魂」と書かれたサークルを送ってきました。これは、彼の全存在を掻き消すような感じで、当時はとても慰められました。この曲では、誰かに執着することが怖くて、「執着は苦しみである」という仏教の理想を思い出そうとしていたが、恋をしていたので、もうそんなことはどうでもよくなっていた、という考えも込められています。この曲は、今まで書いた曲の中で最も明るい曲で、「ボップ・ボップ・ボップ」というのは、ベーシストの Mayya Feyginaのアイデアです。私はそれが楽しいと思いましたし、曲に弾むような要素を加え、曲をさらにハッピーな方向に導くものだと思ったので、そのままにしました。ドラマーのサム・ジョーンズは、コンガとタンバリンを演奏して、バウンス感を維持しています。」

サンフランシスコの Mae Powell が、新曲 “Scratch n Sniff” を、Park The Van からリリースを予定しているアルバム ‘Both Ways Brighter’ のリードシングル “Scratch n Sniff”” のリリースとビデオクリップを公開しました。