Lumberob – “Blessence”

Rob Erickson(ロブ・エリクソン)は10年以上、ニューヨークの学校で人文科学と演劇を教えている。それ以前は、プレイライティングの修士号を取得し、ブルックリン・カレッジの英語学科に勤務していた。エリクソンの最初の本格的なバンドは、妻のステファニー・マンキンズとの Adult Rodeoで、1998年に Shimmy-Discと契約し、6年の間に同レーベルから2枚のアルバムを、さらに自分たちでも2枚のアルバムをリリースしています。

エリクソンの分身である Lumberobは、それほど単純な経歴を誇っているわけではない。

この男は高校時代、ぶらぶら歩き、マリファナを吸い、啓蒙的なレコード屋でアルバムを聴き、高校生のバンドで演奏していた。Lumberobは1999年末、テキサス州オースティンで、まだルーピングがひとつのジャンルとして確立する前に、ソロのルーピング・コンセプト・プロジェクトとしてスタートしました。マイクをオクターブ・ペダルとファズ・ファクトリーに通し、AKAI Headrushルーパーにかけるというシンプルなヴォーカル・ショーだった。その作品は、生々しく痙攣し、読みにくく、直接的で、ライブで、常に即興的だった。

一方、Adult Rodeoは Jad Fair & Kramerと共に西海岸とヨーロッパをツアーしていた。フェアとエリクソンはおふざけをするようになり、彼らのサウンドチェックのおふざけから Jad Fair & Lumberobのサイドショーが生まれました。Lumberobはスクラップなサウンド・プロジェクトから、パフォーマンス・アートの贅沢さを完全に実現するまでに成長し、2000年代初頭には現役のパフォーマンス・アーティストとして、クラブや劇場でしばしばバラエティ番組に出演し、あるパフォーマンスの脚本を本として出版するなど、良い成果を上げていた。

Lumberob、いやロブ・エリクソンは、新作について少し語った。

「”Blessence” はスムーズで小さな Lumberobのジャマーで、重く甘くつまずくような曲だ。ストラクチャーは全てサスペンションで、リリックの明瞭さを待っている…僕はDANGERなんだ。心配することはたくさんある。シャノン・プラムと私は、ブレセンスのグルーヴに合わせた動き方を示す指示的なダンス、素敵なダンスを作りました。滑らかで小さなジャマーで、重く甘くつまずきます。その鋭いエッジであなたのハートを切り裂くのです。I AM DANGER.」