Lucky Lo – “Supercarry”

466 views

他人を持ち上げ、自分も持ち上げられることについての曲とミュージックビデオです。Lucky Lo は、彼女のビジョンであるラディカルな愛と、私たち全員が持っている “スーパーキャリー” の能力を表す新しい言葉を生み出しました。

Lucky Lo は、デビュー・シングル “Heart Rhythm Synchronize” で自己紹介をしたばかりですが、セカンド・シングル “Supercarry” とそれに付随するダンス・ワークアウト・ミュージック・ビデオで、彼女の音楽とメッセージをすでに確立しています。それは、ラディカルな愛の変革力です。

超キャッチーなオルタナポップのソングライティング、プログレッシブなアレンジ、そして彼女の夢見るような高揚感のあるボーカルのスリリングな組み合わせにより、Lucky Lo は彼女の愛の使命を表現するために “Supercarry” という新しい言葉を生み出し、そして “Supercarry “が実際にどのようなものかを示すために新しいダンスを生み出しました。

スウェーデンのミュージシャンであり、デンマークのコペンハーゲンを拠点に活動する Lo Ersare は、この曲の重いきっかけをこう語ります。「スカンジナビアには信じられないほどのセーフティネットがあります。私たちは、紙の上では安全で豊かな生活を送っていますが、最も多くの人が孤独死している国でもあります。私たちにはもっと包括的になる能力があり、この力を他人のため、自分の人生を豊かにするために使うことができるのです」

しかし、彼女の作品のテーマになりつつあるように、Lo は難しいテーマを取り上げて、それを逆さまにします。「私たちがもっとお互いを大切にして、お互いを確認し合えば、多くのことが解決できるはずです。そうすれば、自分が強くなったような気がします。善良な人間、日常のスーパーヒーローになったような気分です。私が伝えたいのは、セルフケアの反対のこと、つまり、ソーシャルケアはセルフケアであるという考えです。」

このテーマの重さは、ベースの重さからも感じられますが、曲中の踊るようなギターとドリーミーなボーカルは、Loの過激なまでに希望と愛に満ちたビジョンを示しています。「この曲は、他人を持ち上げること、そして自分自身を持ち上げることについて歌っています。他人のニーズを自分のニーズよりも優先し、同じケアを受けられると信じることです」

Phillip Jørgensen が監督し、Freja Kreutzfeldt が振り付けを担当した、ダンスワークアウトのようなミュージックビデオの中で、それ自体が “Supercarry” なのです。「私たちのビジョンは、人々が持ち上げられたり、解放されたりする振り付けを通して、人々を “Supercarrying” の行為で結びつけることでした。私たちは、人々が立ち上がり、動き、行動することを奨励したいと思っています。」

スウェーデンのウメオ出身の Lo Ersare は、2014年にデンマークのコペンハーゲンに移住し、フォークから実験的なジャズ、即興的なボーカル音楽まであらゆるジャンルのパフォーマンスを行い、ストリートパフォーマーとして、またアンダーグラウンドミュージックシーンに欠かせない存在として名を馳せるようになりました。その間、日本と日本の音楽への愛が彼女を日本列島に連れて行き、そこでパフォーマンスを行い、ファンを増やし、インスピレーションを集めてきました。