Lorkin O’Reilly – “Still You”

76 views

Lorkin O’Reilly(ローキン・オライリー)は、伝統的なフォーク・ミュージックにヒントを得た、温かく告白的なサウンドを作り出す音楽空間に自然に溶け込むような、内省的な物語を書きます。1994年にエディンバラで生まれたローキンは、母親の出身地であるアイルランドの音楽を聴きながら音楽教育を受けてきました。 2012年、ローキンは農場で働くためにニューヨーク州北部に引っ越した。そこの地下室で古いアコースティックギターを見つけた彼は、すぐに作曲を始め、最初のEP ’After The Thaw’ を完成させました。

セカンド・アルバム ‘Marriage Material‘ は、深い愛、家族の絆、壊れた誓いなどをテーマにした作品です。このアルバムは、2020年にニューヨーク州キャッツキルの自宅で主に録音され、Kenny Siegel(Old Soul Studios)、Matthew Cullen(Ultraam)、Sam Smith, Will Bryant, Lee Falco, Felix M-B、Laura Quirke(Lemoncello)が参加するなど、ローキン・オライリーの幅広い音楽仲間のネットワークに支えられています。この作品は、記憶の中を意図的に歩き回り、必要に応じて嘆いたり、歯を食いしばったり、からかったりすることを恐れずに、自分の最近の過去を考慮して未来を正直に見ようとするアーティストです。18歳でアメリカに移住し、若くして結婚し、後に妻と別れ、最終的に市民権を得た ‘Marriage Material’ は、家族関係がすべての構成要素であることを認識し、静かな希望を持って語られる物語です。

ローキンは、ファースト・シングル “Still You” の意味をこう説明しています。
「この曲は、妻と別れた直後に書きました。恋愛が終わった後は、”前に進まなければならない” という仲間からのプレッシャーがかかることがあります。友人たちは、他の人とデートしたり、寝たり、新しい街に引っ越したりすることを勧めます。しかし、私たちは「前進」には長い時間がかかると感じていました。この曲の歌詞は、できるだけ直接的に表現しようとしました。パートナーと友人グループの両方の視点から、シンプルなメッセージを伝えようとしました。」