Lack The Low – “The Sharpest Knife”

Kat Hunter(キャット・ハンター)の実験的ポップ・プロジェクトである Lack The Lowは、豊かで質感のあるメロディーで戻ってきて、’God-Carrier‘ で新たな高みに到達しました。リスナーは彼女を Anna Meredith、These New Puritans、Joanna Newsom、Son Lux、Olga Bellなどと比較していますが、ハンターの印象的なヴォーカル能力と優れた作曲能力を考えれば、その理由を理解するのは簡単です。すべての歌詞は感情で煮えたぎっており、すべてのトラックは緊迫感に満ちています。このアルバムは、荒波のように威勢がよく、一瞬一瞬であなたを引き込むだけの力があります。

‘God-Carrier’ からの最初のシングルである “The Sharpest Knife” は、印象的でテンポの良い構成で、耳に温かく響きます。パワフルなクレッシェンドで上昇するこのトラックは、テンポの変化が特徴的で、リスナーを不意打ちし、好奇心をかきたてます。ファズのかかったベース、キャッチーなビート、ボーカルのメロディーが優雅に飛び交い、ゆがみと輝きのあるテクスチャーで煮えたぎるトラックは、その複雑さの中で荘厳さと不明瞭さを併せ持っています。

「”The Sharpest Knife” は、このアルバムを貫くコンセプトテーマを設定しています」とハンターは言います。「それは、受容的であること、柔軟であること、そして平静さと安らぎの感覚を見つけることの重要性を中心に据えたものです。このテーマは、’One Eye Closed’ でも少し出てきましたが、’God-Carrier’ ではより深く掘り下げられています。具体的には、妬みや、外的な目標を達成するために自分に課すプレッシャーについてのアイデアを探っています。『バガヴァッド・ギーター』の引用文に触発された部分もあります。あなたには働く権利がありますが、それは仕事のためだけです。仕事の成果を得る権利はない。仕事の成果を求めることが、仕事をする動機であってはならない」


created by Rinker
¥250 (2021/11/30 02:00:11時点 Amazon調べ-詳細)