La Luz – “Watching Cartoons”

La Luzは、セルフタイトルの4thアルバムを Hardly Artからリリースすることを発表しました。バンドはプロデューサーの Adrian Younge(エイドリアン・ユンジ)という同志を見つけました。主にヒップホップ、ソウル、ジャズのアーティストとの仕事で知られているユンジは、La Luzにジャンルを超えた共通のビジョンを見出しました。「La Luzも私も同じ姿勢で音楽を作っていて、それが彼女らの好きなところです」と彼は言います。「彼女らはリスクを恐れず、そのスタイルは人を魅了します。彼女らと一緒に仕事ができて光栄でした。」

アルバムには最近のシングル “In the Country” が収録されていますが、ニューシングルの “Watching Cartoons” は、これまでの La Luzの曲とは少し違います。ドラムの音が少しシャープに、ベースの音が少し深みを増していますが、彼らのハーモニーが前面に出ているのは変わりません。また、Nathan Castieが監督したビデオは、シュールな雰囲気を醸し出しています。

さよなら、さよなら、さよなら
今回はちょっとやりすぎたかな
毎日がとても輝いて見える
私を探してくれたら、私は中にいるよ

自分の部屋でアニメを見ている

電気室の中で 震えていたよ
真っ二つにされて
でも、あなたがシャベルで切った蛇のように
シャベルで割られた各部分はまだ動いている

さよなら、さよなら、さよなら
今回はやりすぎたかな
毎日がとても輝いて見える
もし君が私を探してくれるなら 私は中にいるよ

自分の部屋でアニメを見ている