King Hannah – “All Being Fine”

リバプール出身のデュオ、King Hannahこと Hannah Merrick(ハンナ・メリック) と Craig Whittle(クレイグ・ホイットル)は、デビューLP ‘I’m Not Sorry, I Was Just Being Me‘ をCity Slangからリリースすることを発表しました。この発表に伴い、ニューシングル “All Being Fine” がリリースされました。Smogや90年代のノイジーでローファイなバンドにインスパイアされたこの曲は、外見は明るく、内面は不吉な雰囲気で、すぐにリスナーを引き込みます。デヴィッド・リンチ監督の名作映画「ブルーベルベット」のオープニングに相当するもので、青々とした草むらに血まみれの指が横たわっています。ホイットルが監督した太陽の光が降り注ぐビデオは、完璧な組み合わせで、謎めいたミステリアスさとブラックユーモアを併せ持つバンドの最高の姿を表現しています。

“All Being Fine” は、’I’m Not Sorry, I Was Just Being Me’ の残りの部分を完璧に演出しています。映画のような、しばしば没入感のあるオフビームのサウンドスケープに浸され、ダークでロマンティックでありながらスリリングで皮肉な歌詞に彩られているのが特徴です。

私が子供の頃は
おねしょをしてしまいました。
の頃。
10歳くらいだったかな。

看護師さんに診てもらいました。
何度もね。
彼女は「すぐに治るわよ」と言いました。
すべて順調ですよ。
大丈夫、大丈夫」と言われました。

すべてが順調だ
順調だよ、順調。

家族で電話の予定があります。
9時半に
順調です。

順調です
順調です
順調だよ
順調だよ

すべてが順調だ
順調だよ、順調。
すべてが順調であること
すべてが順調だ

すべてが順調だ


created by Rinker
¥250 (2021/11/30 02:25:57時点 Amazon調べ-詳細)