JWestern – “Active Guy”

リーズ出身のアーティスト、JWesternは、ニューシングル “Active Guy”で、生産的である必要はなく、自分のために時間を使うことを受け入れています。この曲は、ヒップホップのレイドバックした質感を持つジャジーな作品で、JWesternの暖かいボーカルが、生産性という罪悪感の罠から解放してくれるような、音の麻酔のような作品です。時には、横になって再生ボタンを押し、何もない状態を満喫することで、後に生産性を高めることができるのです。

彼の言葉を借りれば、「”Active Guy” は自分自身への歌のようなものです。この曲を書いていた頃の私は、9時から5時までの仕事に疲れ果てていました。週末になると、ただのんびりと音楽を聴きたいと思っていましたが、常に生産的でなければならない、何か自分を向上させなければならないという期待感がありました。明け方に起きてランニングをして、それから大量の仕事をこなすというのは、私には向いていません(少なくとも日曜日は)。この曲を作るにあたっては、「あなたは私のことをおかしいと思っているようですが、私はただ怠けたいだけなんです」という台詞から始まり、日曜日に何をしたいかを考えました。そこから雪だるま式に歌詞が出来上がっていったんだ。」