Hurray for the Riff Raff – “Pierced Arrows”

38 views

Alynda Segarraが、Nonesuch Recordsから5年ぶりにリリースする Hurray For The Riff Raffのニューアルバム ‘Life On Earth‘ は、パンデミック中に録音され、ブラッド・クックがプロデュースしたもので、すでにシングル曲の “Rhododendron” と “Jupiter’s Dance” を公開しています。”Pierced Arrows” は、セガラが「記憶の領域で失われた失恋の歌」だと言っています。過去から抜け出せず、急速に変化する世界を不気味で奇妙だと感じている。トラウマを乗り越えようとする。タフさと優しさの間の出会いを見つけること。記憶が自分の中で再生され、闘争や逃走の反応を引き起こす。

この曲には、ニューオリンズのアーティスト、ルシア・ハニーが監督したミュージックビデオが付属しています。「”Pierced Arrows” は、硬質な物語を感じさせながらも、シュールレアリスムの美学に浸れるような曲にしたかったんだ。この曲は、物語のクライマックスにふさわしい。初めて聴いたとき、嵐の中にいるような気がしました。8月下旬にルイジアナ州南部を襲ったハリケーン・アイダへの言及を免れることはできなかった。この曲は、いつも自分に追いついてくる過去から逃げることをテーマにしている Alyndaの曲とよく調和している。そのため、工業地帯を物理的に走ることになる。金属。車両基地。逃避行。冷たい不安。トラウマのループにはまること。」

ブロードウェイで元彼に会わないようにするため
もう誰も私を認めてくれない、少女よ私は孤独だ。
吸血鬼と泥棒は、誰かが血を流す。
それは私なのだろうか?
何でも欲しがる金持ちの子供
耳鳴りがする中、弓を持つ。

僕は青を目指し走り続ける
頭を下げて旅をしています。

空から突き刺さった矢が
いつも私を貫いて落ちてくる
おい、それじゃ死ねないだろ。
ターペンタインから隠れることはできない。

空から突き刺さった矢が
サイズまで追い詰めることができる。
泣くのは怖くない
ターペンタインから隠れることはできない。

ここはバラバラになった場所だった
あなたが壊したんでしょう?何も信じていない
このクソみたいな世界全体が変化している。

青に向かって走り続ける
頭を下げて旅する。