Hooper Crescent – “Best In Town”

Hooper Crescentは、2020年のデビューアルバム ‘Object Permanence’ に続くニューシングル “Best in Town” を発表しました。ロックダウンの間に録音されたこのシングルは、不協和音のギターと必死のダイナミズムが、バンドの魅力的なグループ・メロディーを支えており、この18ヶ月間の不穏な空気を表現しています。この曲は、イメージにとらわれた世界の中で、文化的資本やステータスを追求するために私たちが作り出す偽りのアイデンティティーを批判することを目的としています。

突き刺すようなシンセサイザーとパンチの効いたホーン・ラインをバンドのインストゥルメンタルに加えた “Best in Town” は、デビュー・レコードで披露されたアンギュラーなポスト・パンクをさらにエキサイティングに洗練させています。

このビデオは、クリン族のウルンジェリの人々の盗まれた土地で撮影されました。過去と現在の長老たちに敬意を表しています。主権は決して譲られたものではありません。これまでも、そしてこれからも、アボリジニの土地であることに変わりはありません。


created by Rinker
¥200 (2021/12/06 12:13:46時点 Amazon調べ-詳細)