Fräulein – “By The Water”

105 views

ロンドンを拠点とするニューグラングラー、Fräuleinがニューシングル “By The Water” を発表しました。前作のシングル “Belly” と合わせて、初の両A面作品となります。シンガーの Joni Samuelsがパワフルなボーカルを披露しており、Fräuleinがその初期の音楽で本物の話題を作り、次のギターバンドの波の先頭に立っていることを示しています。

“By The Water” は、サミュエルズが「メランコリックな切なさの中にリスナーをいざなう」と説明するように、より憧れの感情が込められています。この曲は、過去の出来事を振り返ったときに生じる対照的な感情に触れています。このトラックは、美しさ、夜、ロマンティックな時間、そして、クソだとわかっていても過去に生きること、それが自分を停滞させることを意味しています。

自分の誇大広告を信じるようになる
水のほとりで
もうあなたの未来ではない
水辺の輝き
もう太陽は消えてしまった
水辺の夜を記録しよう
一日か一晩だけでも
水のほとりで

ハ、バイ・ザ・ウォーター

あなたは「私たちは同じだ」と言う
その一夜を水辺で
まあ、これはとても残念なことではありませんか?
水辺で
私は空にいるべきなのに
水面に近づきすぎて
地面に落ちてしまう
水の中で溺れてしまう

ハ、バイ・ザ・ウォーター