FOTOCRIME – “So So Low”

ルイビルのバンド Coliseumのフロントマンだった Ryan Patterson(ライアン・パターソン)は、現在 Fotocrimeという名前で音楽を制作しています。Fotocrimeは2020年の ‘South Of Heaven’ に続き、パターソンが監禁中に自宅でほとんど一人で録音したニューアルバム ‘Heart Of Crime‘ を発表します。パターソンは、作曲、録音、プロデュース、ミックスのすべてを行い、ほぼすべての楽器を演奏しています。その過程で、彼は Fotocrimeのサウンドを、80年代のポストパンクやニューウェーブの氷のような鼓動を思い起こさせる方向へと押し進めました。

新曲 “So So Low” は、ニューアルバムのアーチでシネマティックなDIYサウンドの好例です。パターソンは、孤立した生活を送り、親しい人の死を悼むことを歌っています。”目を閉じれば光は私を見つけられない/無慈悲な世界はまだ回転している/外に出れば太陽が私を盲目にする/日陰は引かれたままだ” この曲について、パターソンは次のように語っています。

「’Heart Of Crime’ の中で最も好きな曲であり、最もパーソナルな曲でもある “So So Low” は、親しい家族が亡くなった後、悲しみと罪悪感を抱えていた時に書きました。彼が夢に出てきたり、本を読んだり、彼が残したレコードを聴いたりしていました。この曲で言っているように、悲しみは私を溺れさせることができる錨のようなものでした。ビデオでは、この比喩的な感覚を文字通りの設定にして、私がギターを持って水中に沈むようにしています。”So So Low” は、アルバムの中でも最もキャッチーでポップな曲であるという二面性を持っています。私はよく、痛みからポップを生み出そうとしているのだと思います」