F.S.Blumm & Nils Frahm – “Desert Mule”

ドイツのミュージシャンである F.S.Blummと Nils Frahmは、4枚目のコラボレーションアルバム ‘2X1=4‘ を発表し、同時にその最初のテイスターとしてオープニング曲 “Desert Mule” Danlezz が監督をしたビデオクリップと共にリリースしました。

‘2X1=4’ はこれまでの作品とは大きく異なりますが、その最後のトラックである ‘Neckrub’ は、’Tag Eins Tag Zwei’ の制作が終了したときに初めて形になりました。「私たちの頭の中には、80年代のリズムマシンに影響を受けたある音があったのですが、私たちは突然、ダブに対する共通の愛を発見したのです」とブルムは振り返る。したがって、このアルバムのほとんどは、2016年にフラームが2トラックカセットに録音した即興セッションで最初に開発されました。「まるでコンバインを走らせているようだった」”とブルムは笑う。「一粒に自分たちの名前を書き込めるようにね!」

その後、ベルリンの伝説的なFunkhausにあるフラームの新しいスタジオで、編集やオーバーダブを行いました。「私たちは、これらのセッションから新しい曲を作り、何度も何度もやり直しました」 とフラームは微笑みます。「時間はかかりましたが、とても楽しいプロセスでした。」
二人とも、純粋主義的なアプローチを主張したいわけではありません。「私は、自分自身や機械、あるいは一緒に音楽を作っている人に驚かされるようなところで終わるのが好きなんです」と。は締めくくり、フラームは「どれもあまり深刻ではありません」と強調する。「このレコードは、以前のものがジャズのレコードであるのと同様に、ダブのレコードでしかないのだから…」