Emmalee Hunnicutt – “Mushrooms in the Morning”

Picnic, Moonside’ は、土の下の世界や日没後の月明かりの下を旅する歌のコレクションです。ビートを食べる喜びの描写から、夜に咲くダチュラの花に受粉するタカノハガとの月夜のピクニックまで、このアルバムは、地球とその神秘に対する一人のアーティストの愛の探求です。

いくつかの曲では、チェロの自然な倍音系列の音を特に強調しており、ハーモニクスを利用して、西洋の等音性システムの枠にとらわれないメロディーを表現しています。時には、音楽の中にスペクタクルな、そしておそらく超世界的な品質があり、私たちのデフォルトの経験のしきい値のすぐ上と下にある、努力を要しない隠れた層を照らし出します。Emmalee Hunnicutt(エマリー・ハンニカット)は、これらのソノリティが前衛的なクラシック音楽、即興音楽、アパラチアの民俗音楽の伝統の中でどのように存在してきたかについてのユニークで繊細な知識を持っており、自然に発生する生きたエネルギーの広範なミステリーの中で、それらを愛情を込めて元の場所に戻しています。

Shari Azar and Kathy Leiner が制作したセカンド・シングル “Mushrooms in the Morning” が公開されました。