Eades – “Reno”

69 views

リーズのバンド、Eadesがニューシングル “Reno” を公開しました。”Reno” は、「正しいあり方」に見切りをつけた人が、周囲の人々を単調さや無気力さから「救う」ために、わざと放火をするという状況設定の物語である。事件の目撃者、加害者、そして酔っぱらったパブの哲学者という3つの視点から語られ、実際よりもはるかに深遠に聞こえる方法で状況についてコメントしようとしている。後者は、時代の流れを知的に表現しようとするためにグルーブの上で下らない話をする現代のポストパンクバンドの歌詞のクリックベイトを風刺したもので、ジョニー・キャッシュの「Folsom Prison Blues」の登場人物も登場する。バンドのリリシストである Tom O’Reillyは、このストーリーについて語っています。

「チョムスキーのインタビューを見て、放火犯を理解したと判断したパブの哲学者が、近くにいる人たちに向かって、いかに我々が「システムの奴隷」であるかを説かなければならない」

目撃者、加害者、社会評論家という3つの視点から語られるこの作品には、ジョニー・キャッシュの『フォルサム・プリズン・ブルース』に登場する「声なきキャラクター」も使われています。

「私たちの曲の登場人物が、リノでジョニー・キャッシュに撃たれるまでになるというアイデアが気に入ったんです」とオライリーは続ける。

「この時点で、私の履歴書は、9時から5時までの間に陥る様々な轍をまとめたA-Zのようになっています。ですから、リノの言葉と表現がすぐに私の中から出てきたのは当然のことなのです」


created by Rinker
¥200 (2021/10/19 05:17:35時点 Amazon調べ-詳細)