DC Gore – “California”

63 views

本日、DC Goreがソロデビューシングル “California” をリリースしました。ビデオは David J East(Foals, The Japanese House)がテムズ河口の工業地帯で撮影しています。

南ロンドンのトリオ、Little Cubを解散した Goreは、バンドのエレクトロニック・シンセポップを再構築し、アコースティック楽器を追加することで、より質感の高い、温かみのあるサウンドに仕上げています。アルペジエイトされたシンセ、ラウンジ風のブラス、軽快なピアノコードを用いた “California” は、ダンスフロアに焦点を当てたメランコリアのようなワイドスクリーンの一片です。

Martin Parrのありのままの肖像画やバラード風のグロテスクな表現、そして Jarvis Cockerの汚い冗談や Neil Tennantのアーチ型アートポップのコメントにインスパイアされた “California” は、ゴアが「非常にイギリス的なタイプの失敗」と表現したものです。 ここでは、「汗まみれのスピードパンツで堂々としている…ベニス・ビーチのバイロンのような」主人公のイメージが強く描かれています。これは、洗練されたアート・ポップの広大なパレットの中に蒸留された、海外にいるイギリス人の自虐的で厳しい描写のスナップショットです。まさに「カリフォルニア・ドリーミング」だ。

「カリフォルニアは私のアメリカンドリーム、少なくともテレビの中のアメリカです。私は10代までテレビを持っていなかったので、テレビが登場したときは、エンターテイメントであると同時にマジックのように感じました。

スタジオロットは、今の私にとってメッカのようなものです。ライティングルームの道徳性、陳腐な理想主義、私はそれを丸ごと飲み込みましたが、あらゆる宗教的な経験と同様に、疑念や自己嫌悪がつきまといます。

この曲での対話は、自分自身との対話のようでもあります。所属したい部分とそれに反発する部分が、限界領域に結晶化しているのです。アイデンティティは、類似性と同様に差異によって形成されます。つまり、オーデン、ホックニー、クリスプ、OCのイギリス人など、海外在住者ほどイギリス的なものはないということです。

おそらく、カウボーイズの魅力はそこにあるのでしょう。彼らはどこにいても、ただそこにいる」


created by Rinker
¥300 (2021/12/01 18:38:19時点 Amazon調べ-詳細)