Clément Bazin & Toro/Azor – “Dunkerque”

96 views

10歳の時、近所のパーティーでスチールドラムというトリニダード・トバゴの楽器に出会い、一瞬にしてこの楽器とこの特別なサウンドに魅了され、それ以来、彼の心は離れませんでした。

シンコペーションのリズム、声のディストーション、そして頭でっかちなビートの間で、彼はトロピカルなテクスチャーと繊細なソウルミュージックのエクスカーションからなるエレクトロニック・ミュージックを描き出す。

ダンケルクの浜辺のプロムナードにあるバーでのカーニバルの夜の終わりを想像してみてください。この平凡な物語のヒロインは、明け方まで頭の中を整理するために、海の向こうで自分がもっと誇れる人生を送れないかと考えているのです。時間が経つにつれ、出発の決断が近づき、彼女は自分がどこにいても、最初に変化するのは自分自身であることに気づきます。この曲では、重厚さと熱狂を交互に描き出すリズムの上で、2人の声が内なる対話のように歌います。

気まぐれ、衝動的に海に投げ込んだ。
あなたの写真は、塩の結晶や沈殿物で汚れて、とてもクリアではなくなっています。
空気を吸ったり、視界を確保したりする必要があった。
遠くに見えるのはイギリス?
あなたのような、違う人がいるでしょうか?
新しいプランが欲しい。
もう少しフラットに、もう少し大きく。
寂しくなったら
その方が私にとっては楽なのです。
コーナーにピンクとブルーのフラッシュを設置。
グラスが空なのか満杯なのかわからない。
潮が満ちるのを待ち、潮が引くのを待つ。
すべてが凍りつくまで。
風の中で口笛を吹いた。
風の中で口笛を吹いた。
風の中で口笛を吹いた。
風の中で口笛を吹いた。
風の中で口笛を吹いた。
風の中で口笛を吹いた。
あなたの肌、あなたの口、スクリーン、キー、ビタミン、手話。
あなたの呼吸、あなたのコーヒー、静寂、ここにもっと。
風の中で口笛を吹いたので、もしあなたが私の声を聞くことがあったら
私の夜は白い。
20歳になってからの方がずっと早く過ぎていきます。
あなたは私に奇妙な味を残します。少し酸味のある、ブラッドオレンジのキャンディーのようなものです。
そして、私は一生懸命演じていますが、私を大切にしてくれる人でなければ?
風の中で口笛を吹いた。
風の中で口笛を吹いた。
風の中で口笛を吹いた。
風の中で口笛を吹いた。
私は風に向かって口笛を吹いた。
風の中で口笛を吹いた。