Christian Lee Hutson – “Rubberneckers”

62 views

Christian Lee Hutson(クリスチャン・リー・ハットソン)は、2020年にアルバム ‘Beginners’ をリリースして以来、カバーEPシリーズ ‘The Version Suicides’ に熱心でした。しかし昨年末、ニュー・シングル “Strawberry Lemonade” で復帰し、本日ハットソンは、彼の常連コラボレーターである Phoebe Bridgers(フィービー・ブリジャーズ)と、彼女のBetter Oblivion Community Centerのバンドメイト、Conor Oberst(コナー・オーバースト)によって制作されたニューアルバム ‘Quitters‘ を発表している。

リード・シングル “Rubberneckers” は、ブリジャースのバック・ボーカルをフィーチャーしており、ハットンのいつものフォーク・ポップのパレットをセンスの良いインディー・ロックに拡張している。”Rubberneckers” のビデオは、”Lose This Number” のビデオで一緒に仕事をした友人のゾーイ(ドナホー)とアダム(スプース)と一緒に作ったんだ」とハットソンは言う。「最後に踊ったのは8年生の社会見学で、主に『I Don’t Wanna Miss A Thing』に合わせて揺れただけだったけど、自分がいかに自然で才能あるダンサーであるかをアピールしたかったんだ」

白鳥のパドルボート、爪弾き
絵の具を乾かすような空の文字
サラ、君を愛している、命よりも
僕の妻になってくれないか?
この街は諦める人で溢れてる
迷子、コンテストの勝者
この先どうしたいんだ?
知るか
嘘を長くつくと
そしてそれは真実になる
私はいつか大丈夫になる
あなたがいてもいなくても
私たちはラバーネッカーズ、壊れたレコードを持っている
どうして戻ってこないの?
バスに乗るために走ってはいけない
次があるさ
俺は自尊心の自動販売機だ
医院の雑誌
カウンティ・フェアの遊園地
どこにも行けない階段
嘘を長くつくと
そしてそれは真実になる
私はいつか大丈夫になる
あなたがいてもいなくても