Cécile McLorin Salvant – “Ghost Song”

268 views

シンガーソングライターの Cécile McLorin Salvant(セシル・マクローリン・サルヴァン)は、’Ghost Song’ をリリースして Nonesuch Recordsにデビューします。このアルバムは、ゴースト、ノスタルジア、憧れをテーマに、7曲のオリジナルと5曲の解釈を組み合わせた多彩な作品です。サルバントは、「これまでの作品とは異なり、折衷的なキュレーターとしての私の個性を反映したものになっています。私は自分の奇妙さを受け入れています!」と語っています。サルバントが作曲したアルバム曲 “Ghost Song” のビデオを覧いただけます。

サルバントは、タイトル曲について、「もしも愛が消えてしまったら、愛があなたのもとを去ってしまったら、あなたにはその周辺の感情があり、あなたはまだその感情を乗り越えて、その愛の亡霊と関わっているとしたら?」と彼女は続けて、「出てくるのがとてもつらい曲もありますが、この曲はすぐに出てきました。この2、3年の間に、祖母や私のバンド(Lawrence Leathers)のドラマーなど、いくつかの喪失を経験しました」

“Ghost Song” は、教会で録音されたサルヴァントのシーナノース(アイルランドの伝統的な無伴奏ボーカルスタイル)の演奏で始まり、終わる。トラック1では、ケイト・ブッシュが1978年に発表した名曲 “Wuthering Heights “に移ります。