Band of Horses – “Crutch”

62 views

Band of Horsesが2016年以来のアルバムを携えて帰ってきました。6枚目のスタジオ・アルバム ‘Things Are Great‘ は、バンドの創始者である Ben Bridwell(ベン・ブリッドウェル)が全曲をプロデュースまたは共同プロデュースし、Grandaddyの Jason Lytle、Dave Fridmann (Flaming Lips, MGMT)、Dave Sardyなど、頻繁にコラボレーションしてきたメンバーに加え、新たにエンジニアの Wolfgang “Wolfie” Zimmermanが参加しています。

ファースト・シングルは “Crutch” で、リリック・ビデオをご覧いただけます。「私の曲の多くがそうであるように、”Crutch” も私の実生活の何かから始まっています」とブリッジウェルは言います。「明らかに “Crutch”は、私が依存していたものを意味しています。例えば、私の人間関係です。私は『あなたに片思いしています』と言いたかったのだと思いますが、人間関係が松葉杖のように感じられるのはおかしいと思いました。誰にでも、何もかもうまくいかなくて、それでも続けなければならない時があると思うんです。具体的な内容はわからなくても、この曲ではその気持ちが伝わってくると思います」

全ての答えを知っていた大昔ではなく
自分のペースや基準を高めることができなかった
でも、希望は持てる。

そして、1つは1つのまま、1つは1つのまま
自分がどこにいたのか忘れてしまった 他のものと混同して見てしまったのだ
あなたは何も好きではないでしょう 今夜の始まりはとても気になりました

私はあなたに松葉づえをついた、何かをしなければならないことにうんざりしているだけだ
イースターの夜会でポケットに入れたタブレットがTSAの列でカーペットに跳ね返っていた

壁にはたくさんのスズメバチ、壁にはスズメバチ
レイクフルオブモカシンでトイレの水を汲む

私は間違っている、あなたは正しい、争う必要はない
真ん中は暗くて嵐のようだった
君は一人で生きている 僕は行かなければならない

松葉づえをついた君は 失うものは何もないようだ
酔っぱらった午後遅く、あなたは消えていった 今、私も持ちこたえている
松葉づえをついてしまった 証明するものは何も残っていない

座りっぱなしが長すぎて、長すぎて
帰るべきだと思いながら 帰るべきだと思いながら 僕も行くよ

あなたに松葉杖をついて、何かできることがあればと思いながら
松葉づえをつく
松葉づえをつく
松葉杖をついている 私にできることがあればいいのに
松葉杖を持って