Allegra Krieger – “Taking It In”

52 views

Northern Spyから Luke Temple (Here We Go Magic, Art Feynman)のプロデュースでリリースされる Allegra Kriegerの ‘Precious Thing’ で、このシンガーソングライターは、自分自身から病んでいく世界の中で、はかない瞬間を捉えようと試みている。嵐の到来を告げる風鈴のように鳴り響く声で、Allegraは、容赦なく突き進む人生のはかない瞬間を見事に織り込んでいる。新年の12時を告げるコニーアイランド行きの列車の中で男性と視線を交わす歌から、愛する人を手放すこと、ワインの宗教的トラウマの処理まで、クリーガーは現代世界に生きる女性特有の痛みを描き出す。

Samuel Ogoe、Melissa Lozada-Oliva & Koa Hoが愛を込めて撮影した “Taking It In” のビデオをご覧ください。

図太い空を見上げながら
愛する人に目を奪われる
塩辛い頬に風を感じる
初めて見るような気持ちで受け止める

いいえ、私はそれを失いたくはない
リーチ・リーチ・ゴーイング

車のグリップを緩めて運転する
生きるための戦いのグリップを緩める
塩辛い頬に風を感じて
初めて見るような景色を見ながら

いや、失いたくないんです
リーチ・リーチ・ゴーイング

私は今どこにいるのだろう?3年前の私はどこにいたのだろう?
母はどこにいるのだろう…私の知っている人はどこにいるのだろう?
塩辛い不潔な頬に刺すような感覚を覚える
最後にそれを取り込む

いいえ、私はそれを失いたくはありません
リーチ・リーチ・リーチ
消えた