alexalone – “Electric Sickness”

alexaloneは、オースティン出身の Alex Peterson(アレックス・ピーターソン)のプロジェクトで、彼はライブでは Hovvdyや Lomeldaのベースを担当しています。彼らはデビューアルバム ‘ALEXALONEWORLD‘ を発表し、これまでに “Ruins” と “Eavesdropper” の2曲を公開しています。そして新たにオープニング曲 “Electric Sickness” を公開します。

「alexaloneは、友人のJeff Mertzから、彼のドキュメンタリー映画『Slow Burn』の音楽を担当してくれないかと頼まれたことから始まりました。”Electric Sickness” は、このドキュメンタリーに使おうと思って書いた最初の曲で、結果的に alexaloneとして最初の曲になったのです。」

“Electric Sickness “は、安定したインディーロックのスローバーナーで、時折クラングラスなノイズが発生します。以下でお聴きください。