Absolutely Free – “Epilogue (After Touch)”

Absolutely Freeは、セカンド・アルバム ‘Aftertouch’ のリリースに向けて、オープニング曲 “Epilogue (After Touch)” を発表しました。”Epilogue (After Touch)” は、最近の触覚文化の喪失をテーマにした曲のコレクションを紹介するもので、切ないシンセサイザーの旋律と、レトロシンセティックなニューウェーブのテクスチャーの壁が、黙示録的な日の出を背景に、シャッフルされたマキシマリストなエレクトロ・サイケのピークに向かって構築されています。

「タッチダウンは、到着したようにも感じられるし、フェードアウトした映画のようにも感じられる。でも、やっぱり後ろには何があるんだろうと思う」とマット・キングはメランコリックな音色で歌います。監督のレイチェル・ウォーカーズが制作したミュージック・ビデオは、暗いプリズム状のファウンド・フッテージとノーマン・マクラレンのような幻想的な動きを重ね合わせたもので、”Epilogue (After Touch)” は、’Aftertouch’ の、広くて内省的な音の旅の秋の始まりです。Absolutely Freeはこう言います。

「”Epilogue (After Touch)” は、直線的な時間の流れがもはや通用しないような存在を思い起こさせます。映画のストーリーを参考にして、この歌詞は、すでに過去のものを参照したり象徴したりしているような現代文化の中で生きることについて触れています」