A Place To Bury Strangers – “I Might Have”

75 views

数ヶ月前、ニューヨークのヘビー・シューゲイザー・クルー A Place To Bury Strangers は、EP ‘Hologram‘ を発表します。また、ベースに John Fedowitz、ドラムに Ceremony East Coast の Sandra Fedowitz を起用した新しいラインナップの変更も公表してました。そして本日、彼らは新しいシングル “I Might Have” をリリースし、ビデオクリップを公開しました。この曲は少し短めですが、何層にも重なるディストーションと Joy Divisio n風のボーカルが特徴的な、すべてを包み込むようなアンセムです。

“I Might Have” は、「人生の不安や成長、そして振り向かなければならない時、”Fuck it” と言うしかないことを歌っています」と、創立メンバーの Oliver Ackermann は語っています。「人生は最悪だから、楽しい時間を過ごした方がいい」