The Breeders – All Nerve

7.7

The Breeders – All Nerve

The Breeders – All Nerve

Tanya Donellyと結成したファーストも捨て難いが、The BreedersとしてのベストはセカンドのLast Splashであることは間違いないと思うし、その時のメンバーが揃った作品であるということは、本当の意味での新作と言ってもおかしくないと思う。ただ冒頭の通り、結成メンバーの編成ではなくなっているので、基本Kim Dealが中心で流動的なバンドであり、要は過去の最強メンバーが揃った新作ってことです。そしてあれから25年も経っていることになるけど、思っていたよりも当時のままだった。Pixiesの再活動から早々に離れ、Kim Dealが選んだこのメンバーでの作品。常に彼女の存在がクローズアップされがちだが、改めて思うにThe Breedersは、リズム隊のJosephine WiggsとJim Macphersonの存在が大きいと思う。まぁ、自分がThe Perfect Disasterが死ぬほど好きだったから、贔屓目にそう思ってしまうだけかも。まぁとにかく、新作が聞けてよかったと思える作品でした。

more detail