Review

Myrkur – M
7.7

7.7
User Avg

地下鉄のホームに横たわるセミの死骸って、何とも切ないものを感じさせます。彼は地上での役割に性交もとい成功し、生涯を遂げたのだろうか。それとも長年の地下生活にありながらも、誤って再び地下壕に迷い込んで...

Pleasure Leftists – The Woods Of Heaven
6.3

6.7
User Avg

ニューウェーブなバンドが沢山いる状態下では、どのバンドがどんな感じか記憶が曖昧になっちゃいます。ポストパンクとかも一緒のことで、特に彼らのような直球な演奏のバンドだと、更に分からなくなり易い...

La Luz – Weirdo Shrine
7.3

7.3
User Avg

例の盗難事件で有名になっちゃいましたけど、そので懲りてしまったのか、メンバーが半分入れ替わってしまいました。もっと間が空いていた印象ですが、前作からは2年のブランクでのリリースです....

Palehound – Dry Food
8

8
User Avg
Best Album

まずこちら、リリース・フォーマットを勘違いしてたようで、正しくはアルバムでした。ってことで初リリースが初アルバムとなったこのトリオ。ちょっち横幅のある女の子がバンドのキャラクターのほぼ全てを担う...

Slim Twig – Thank You for Stickin’ With Twig
6.5

FatCat傘下に作られ、一瞬で終わったレーベルから出ていた頃から好きだったこのアーティスト。その後は自身のレーベルから中心に出してましたが、このレーベルに引き抜かれるのは想定外でした...

Ghetto Ghouls – Collisions
6.5

6.5
User Avg

つい最近、アルバムをリリースしたはずですが、どういうことなんだろう。前回のは実はもっと前に出てたものか、曲作りに一生懸命な人達です。録音時の音がそのまま再現されてるような、ドライな質感によるポストパンクかパンクで...

Night Beds – Ivywild
3.5

5.3
User Avg

最近たまに遭遇するアーバンな唄もの作。彼の音楽はロックともポップとも言えないような、とても緻密にプロデュースされた音楽になっている。だけどこの様な音楽は、インディのレーベルから出ている...

Ultimate Painting – Green Lanes
7

6.2
User Avg

実年齢の差は分かりませんが、キャリアとしては10年位の差がある2人によるバンドが、よっぽど気があうのか、互いのバンド活動をそっちのけで早くも新作を出してきた。基本ラインは前作と変わらず....

Chelsea Wolfe – Abyss
7.5

7.5
User Avg

そういえば彼女の作品を最初にリリースしてたレーベルは、最近音沙汰がないですが、終了しちゃったのでしょうか。当時はレーベルの中ではわりと珍しい生音志向な存在でしたが、あれから時間が経過し...

Deaf Wish – Pain
8.3

Best Album

シングルがリリースされる前からの移籍情報から考えれば、結構出るまでに時間がかかりました。大体の予想は出来る音だろうと思っていましたが、思ってたよりもハードコアだった。ギターは凄え歪んでるし喧し...

Titus Andronicus – The Most Lamentable Tragedy
7.5

8.3
User Avg

自分の中ではかなりビッグなバンドと認識してて、自ら率先して聴いてきたバンドではありませんでした。そして今回も気持的には一緒で、一歩引いたところから聴いている。前からの印象通り...

Creeping Pink – Mirror Woods
7.5

7.5
User Avg

レーベルオーナーさんのソロ活動を後ろ盾するような存在になりそう。でも先に聴けた音源の印象よりも更にユルい路線なので、全く役に立たないかも。思った以上にキーボード、リズムマシーン路線で、ガレージではなくじんわり訴えてくるも […]