Ezra Furman – Transangelic Exodus

7.3

Ezra Furman – Transangelic Exodus

Ezra Furman – Transangelic Exodus

デビュー作が6年前で今回が4作目で、すべての作品のアートワークに本人が写っていますが、見た目の変化と共に音楽の特異性が増しています。個人アーティストらしく音の作りはエレクトロニックを積極的に加えながらも、オールド、クラシックなもので装飾しているが、正攻法のクラシック用いではなくて部品的に使用し、独特な世界観に一層の個性を上乗せしてる。エレクトロニックの導入は前作くらいからだと思うけど、この変な感じに拍車がかかった中で生音でできる限り表現したもの聴きたいと思う。つまり、この個性はとても面白いが全体の音の仕上がりにはもう少し何かが欲しい。

more detail