news

Vex Ruffin – “Prime Of My Life”

カルフォルニアはチノヒルズ出身で、フィリピンとアメリカのハーフ Vex Ruffin が間もなくリリースするフル・アルバムからの2曲目になる先行曲です。エレクトロなビートとベースを反復させた Suicide のような、ローファイ・エレクトロ・パンク。アルバム 'Vex Ruffin' は、Stones Throw から、11/12 にリリースです。

Tara Jane O’Neil – “Wordless in Woods”

90年代後半から00年代初頭に、Sonora Pine, Rodan, Retsin のメンバーとして活動し、その後はソロ活動を続けてきたタラちゃんこと Tara Jane O'Neil が、ソロ作となると 2009年に K Records からリリースされた 'A Ways Away' 以来となる新作アルバムをリリースするようです。ソロ活動を極めるに連れ、実験的な要素が深まっておりましたが、こちらの先行曲 "Wordless in Woods" も生音響系にミニマルなギターとヴォーカルを加えた美しく瞑想的な曲になっています。そして、新作アルバム 'Where Shine New Lights' は Kranky からのリリースとなり、1/27 にリリースされます。

LVL UP – “Cross The Sea”

アコースティックなローファイ・ソングに始まり、その後はノイズ・ポップ、90sオルタナな雰囲気へと進行する曲 "Cross The Sea" は、ニューヨークの4ピース・バンド LVL UP によるもの。こちらの曲は、Double Double Whammy と Birdtapes から 11/26 にリリースされる、Porches. とのスプリット・シングルに収録の曲。

Excepter – “Christisland”

ちょこちょこなんかリリースがあったけど、今度は完全復活のリリース。2008年の 'Dept Dept.' 以来となる Excepter のスタジオ作が遂にリリースされます。現在メンバーは様々な街に点在しておりますが、この作品は、デンマークはコペンハーゲンで 2012年の7, 8月に Niels Kristian Eriksen によって録音されたもの。こちらのEPは、"Christisland" と "Beargarden" の長い曲が両サイドに1曲づつ収録されているようで、ストリーミングはそれらの抜粋ヴァージョンとなります。新作EP 'Christisland' は、コペンハーゲンの Escho と Cejero レーベルの共同で 11/18 にリリース。

Be Forest – “Captured Heart”

2011年にデビュー・アルバム 'Cold' をリリースしていた、イタリアはペサロのトリオ Be Forest の最新曲 "Captured Heart" です。シューゲイズ、ドリームポップ、そしてゴス路線の融合によるメランコリーな曲で、こちらは2014年、2/4 に地元イタリアの We Were Never Being Boring レーベルからリリース予定のセカンド・アルバム 'Earthbeat' のファースト・シングルとなります。最新の写真だと4名いるようですね。

Lodro – “If Life Was Like A Movie”

ブルックリンを拠点にするノワール・パンク・トリオってことですが、写真のほとんどは2人しか写っていなんですけど、どういうスタンスなんですかね。"If Life Was Like A Movie" は、新たに設立されたレーベル Tracer Sounds から最近リリースされた Lodro のデビュー7インチからの音源で、要素同様にグラマラスでやさぐれた感じのブルース・ガレージ。キャラ設定が出来ているなかなかの期待のバンド。同時収録の "Snake Song"もあります。