Lord Dog Bird – “The Trinity Knot”+

2008年に Jagjaguwar からアルバムをリリースしていた、Wilderness のメンバー Colin McCann によるソロ・プロジェクト Lord Dog Bird の最新曲 "The Trinity Knot" と "Clandestine Origins of Light" です。Wilderness は音沙汰ないので解散してる? こちらの曲は、間もなく Moon Glyph からリリースになる新作アルバム 'The Trinity Knot' からの音源で、連続するシンセやオルガン、そしてベースをバックに歌う、サイケデリック・フォーク。

Empty Pools – “Saturn Reruns”

Empty Pools は、ブリストルを拠点にする4ピース、オルタナ・バンドで、彼等のデビュー・アルバム 'Saturn Reruns' がブルックリンの Enclaves レーベルからリリースになったばかり。イギリスのバンドにしてはアメリカっぽい音で、90, 00年代のシカゴ系を彷彿とするサウンドに、エモーショナルで爽やかなメロディで構成。現在デジタルでリリースされていますが、フィジカルでリリースされるかはちょっと確認中。。

Juana Molina – “Eras”

Juana Molina の 5年ぶりの新作アルバム 'Wed 21' から、先行シングルにもなっていた "Eras" のビデオが登場。曲同様に映像も素晴らしい。

Has A Shadow – “John Lennon”

メキシコのガレージ/サイケ・シーンから素晴らしいバンドがまたひとつ登場。Has A Shadow は、Victor “Remi” Garay, Rodolfo Samperio そして Daniel Garciano によるトリオで、アルバムのレコーディングを手掛けたサイケ・デュオ Lorelle Meets the Obsolete の Alberto Gonzalez が生ドラムでサポート。先行曲 "John Lennon" は、ノイジーなフィードバック・ギターとスペーシーなシンセ/オルガン、ループするドラムとベースによるクール&ダークな曲。デビュー・アルバム 'Sky Is Hell Black' は、11/12 に Captcha Records からリリースです。

Far-Out Fangtooth – “Beyond Your Bones”

フィラデルフィアのサイケデリック・バンド Far-Out Fangtooth の最新サード・アルバム 'Borrowed Time' から、収録曲 "Beyond Your Bones" のビデオです。

Mere Women – “Hands & Face”

ボルチモアを拠点にするパンク/ガレージ・レーベルで、Ty Segall, Useless Eaters, Bare Wires, Ketemines, Warm Soda などをリリースしてきてる Southpaw Records から、新たにシドニーのトリオ Mere Women が仲間に加わるそうです。"Hands & Face" は、時期は未確認ですが、レーベルからリリースされる初のシングルに収録される曲だそうで、ヴィンテージ・シンセに乗せて、女性ヴォーカルで歌うDIYポップ。ミックスは PVT, Ghoul などを手掛ける Ivan Viintin が担当したそうです。

PC Worship – “Mellow Moon”

今年、New Images からアルバム 'Beat Punk' をリリースしていたブルックリンのローファイ/ノーウェーヴ・バンド PC Worship の最新曲 "Mellow Moon" なんですが、たぶんメンバーが5名くらい居るっぽいけど、それらしさが全く伝わってこない、グズグズな曲でダメっぷりが更に磨きがかかった感じ。こちらはシカゴの Sophomore Lounge レーベルから間もなく7インチでリリースされる作品からのものとなります。

Yamantaka // Sonic Titan – ‘Uzu’

なんで斜め棒が2本なんだろうと今更気になった。2本のスラッシュで区切られた両脇には、日本とギリシャの神話上キャラクターが並ぶ。記号は幾何学上で平行を意味し、お互いの力が互角で偉大な存在であること表現しているのだろうか。つまり、馬場//猪木みたいなもんかもしれないね。対決は実現することなかったが、それこそ伝説である。ただ個人的な夢の対決は、木村健悟//谷津嘉章であって、こちらは実現しててるから伝説でもなんでもないんだけど、好きだったなあ。他には、木村マイク//永源つば、っていうのを夢対決と語る人もいるようだし、尺度は人それぞれ。AlaskaちゃんとRubyちゃんの女子2人を中心にする彼等ですが、もしかしたら名前はこの2人を意味しているかも。前作よりも物語性に溢れた構成で、最後まであっさりと聴けてしまう。聞き慣れた感じがするのは、歌の節々がJ-Popやメタルに近いせいだろうし、それらの交差先に...[Read More]

Hollow Sunshine – “Held Above”

Rainbath Visual の名前で Deafheaven, Destruction Unit そして Chelsea Wolfe のアートワークなどを手掛けて いるヴィジュアル・アーティスト Reuben Sawyer がやっている音楽プロジェクト Hollow Sunshine としてアルバムをリリースします。ヴォーカルに Morgan Enos をフィーチャーした編成で、ストーナー・テイストなシューゲイズ・サウンドで、Justin K. Broadrick による Jesu にかなり近い印象です。アルバム 'Held Above' は、Robotic Empire から 11/12 にリリースです。

Bill Callahan – “Small Plane”

Smog 時代から数えて15作目になるアルバム 'Dream River' を9月にリリースした Bill Callahan ですが、収録曲 "Small Plane" のビデオがリリース。曲調と含めて大人な内容の映像です。

Morgan Delt – “Beneath The Black And Purple”

サンフランシスコを拠点にするサイケデリック・シンガー Morgan Delt が、2012年にひっそりカセットでリリースしていた6曲入りの作品が、たぶん収録曲を増やしてタイトルもセルフ・タイトルに変って改めて Trouble In Mind Records からリリースされるようです。アルバムからの先行曲 "Beneath The Black And Purple" と、先にシングルで出ていた音源があるんで、そちらをよろしければ聴いてみて下さい。テープに重ね取りされた倍速風なサイケポップとガレージを混ぜたサウンドは、荒っぽさと甘酸っぱさが混在。デビュー・アルバムは、1/28 にリリースです。